産後に起こってしまう膣のゆるみは縮小手術で改善

レディ

手術の流れ

困る女性

出産や加齢によって膣のゆるみは起こってしまいます。ゆるんでしまったら、尿漏れや子宮脱などといったトラブルが起こります。このようなトラブルを改善するには、膣トレなどのエクササイズといった保存療法で行なうことも可能ですが、人によっては難しいということもあります。では、どのようにして改善したらいいかと知りたいでしょう。それは、膣縮小手術を受けることが一番の解決策になります。この手術は、膣整形とも呼ばれており、ゆるんでしまった膣の筋肉を引き締めて形態的にも機能的にも改善できるようになります。膣縮小手術は、下記に記載する流れで行ないます。

まず行なうのは、膣に麻酔を打ちます。クリニックによっては、無痛麻酔と局所麻酔によって完全に痛みを感じないようにしてくれます。次に、膣の入り口から筋肉と膣粘膜の間を分けて専用の器具を入れておきます。そして、奥のほうにある筋肉と手前にある筋肉を縫います。この時に、膣粘膜も盛り上げて縫うことで引き締め効果も期待できるようになります。最後は、それぞれを丁寧に縫い合わせて終わりになります。特殊な糸で縫うことになりますので、手術をしてから1週間から2週間ほどで抜糸します。中には、溶けてなくなる糸を使用しているクリニックもありますので、抜糸したくないのならそういったクリニックを利用するようにしましょう。個人差はありますが、縮小手術を行なってから約一カ月ほどで性行為ができるようになります。